2008年12月23日

プロの仕事(2)

前回の記事に引き続き、プロの仕事とはどのようなものかです。

5.プロは自分の限界を知っている
プロは自分のやっていることが分かっていますので、滅多なことではその限界を超えることをしません。自分の「理論」や「メソッド」に溺れて、何でもそれで解釈、解決できると思うことほどプロとして恥ずかしいことはないからです。
「目利き」としての能力、そしてそれに対する「評判」を危険にさらすような行為はプロはやりません。

6.プロはサポーサーを選ぶ
人間誰しもほめられればうれしいものです。豚もおだてりゃ木に登るって言います。ほめてくれれば、どんな人だってうれしいし、それが社会的に影響力がある人によるものだったら喉から手が出るほど欲しいと思うのも当然でしょう。
しかし、プロはほめ言葉をもらうことに慎重です。前回書いた通り、プロの仕事の評価は仲間のプロによるものが最も大事だからです。的外れな称賛は的外れな批判よりたちが悪く怖いのです。
反対側から見れば、よく知らない分野のことで、知ったかぶりで安易にほめ言葉を使う人間はプロではありません。間違っているかもしれないことに安易に加担するという意味で、デタラメを言っている人間より罪が重いとさえ言えるのです。

7.プロは批判を大事にする
これも前回書いた通り、プロにとって最も恐れることは「相手にされない」ことです。論理が通じない人間だと見なされることはプロの社会では存在しないと同じです。これに比べれば批判されることは少なくとも相手にされているのでプロはこれを大事にします。
批判されることは誰でもいい気持ちはしません。しかし、批判を受けたときの対応こそプロとしての力を試されているので、プロの仲間はそれを見ています。批判されること自体がプロの間で問題になることは滅多にありません。
批判に対して子供のように逆切れしたり、果ては何とかして批判そのものやその痕跡を消し去ろうとすることはそれだけでプロとしての人格を否定する行為になります。
もちろん、まったく的外れな批判に対しては無視することもあります。当然のことですが、プロの間では批判の正否も判断されているのです。

8.プロは最低限の仁義は維持する
プロはどんなに厳しい状況でも、最低限の仁義は維持します。どんなことかといえば、「他人の言っていることを間違えずに引用する」とか「相手の質問に誠実に答える」とか「普通に使われている言葉の意味を勝手に自分で変えない」とか言ったことです。
こうしたことができない人間は、まさしく論理が通じないと見なされるのでプロの世界からは相手にされなくなります。それどころか、普通の社会でも相手にされなくなることでしょう。


posted by 杉田伸樹 at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国語練習いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。