2010年09月30日

イヌでも分かる外国語発音

いや、特にイヌということに意味があるわけじゃありません。

よく「サルでも分かる」という言い方をしますよね。本のシリーズでもありますね。だからサルの天敵のイヌを使った言い方でも良いんじゃないかと思ったのです。あまり聞かないんですが、グーグルで調べたらイヌの方がヒット数は多かったのが意外でした。

でもサルやイヌが外国語発音を分かったってしょうがないですよね。ヒトがサルやイヌと同じなら別ですがね。この程度の理屈が分からないのはサルやイヌに失礼ですね。
posted by 杉田伸樹 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

おれは外国語がうまい

いや、今年の夏は暑かったですね。暑いときこそ大仮説の季節です(何それ)。

今回の大仮説は「自分で外国語がうまいと宣伝している奴ほど実は下手くそ」です。え、何、そんなの常識だって?いや、実はそうではないかと薄々思っていたのですが、世の中は広いもんで、そうでもないと言うのもいるようで、なかなか証明に手間取っていたんですよ。

人間はもともと自分は偉いと勘違いしやすいものだそうで、例えば外国語について言えば、他人が話したり書いたりするのを見聞きして「おれの方がうまいな」と思ったときは、実は客観的にはあまりレベルは変わらない、あるいは人の方がうまかったりするそうです。

普通の人間はこのような危ないことがあるのを知っているので滅多に自慢などしないものですが、小学生レベルだったらついついやってしまうようです。

外国語を習っているときは特にほめられたりおだてられたりすることが多いのはすでに述べた通りです。これを真に受けて「自分はうまいんだ」などと思うのは馬鹿ですし、人に吹聴するなどというのは輪をかけて馬鹿としか言いようがありません。

こうした馬鹿が人を教えるようになると全く悲惨で、まったく根拠もなく免許皆伝などと言いだすようになります。まあ、普通の判断力があればこんな馬鹿を師匠にすることはありませんけどね。

自分の例を出して恐縮ですが、私が受けた英語に関する某テストの結果にあったパーセンタイルの数字と日本の人口から算出すると、私より英語がうまい日本人は12万人いてもおかしくないという事実に気がついて、迂闊なことは言えないなと思ったものです。これは統計学をやらなくたって分かることです。

ということで「おれは英語(スペイン語でもフランス語でも中国語でも良いですが)がうまい」などと言っている人間を見たら、まず疑ってかかるのが良さそうです。外国語の能力の前に、ちゃんとした考え方をしているかも疑わしいからです。
タグ:大仮説 馬鹿
posted by 杉田伸樹 at 22:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 大仮説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。