2009年01月06日

出藍の誉れ

外国語を学ぶということ(というより物事を学習するということ全般)は、当然のことですが、最終的な責任は学習者にあります。物事の判断が十分にできない子供なら別ですが、例えば日本で英語を学習し始める中学生なら、もう自分の学習に責任を持たせて良いはずです。

もちろん、学習の過程で道筋をつけてくれるのが教師やコーチで、そのガイダンスの質の良否は学習の効率に影響を及ぼします。ある分野でそれなりのレベルに達した人がそれまでの学習の課程を振り返っている場合、多くの場合、良質のガイダンスを得たことを誇らしさ半分、うれしさ半分に書いてあります。これは何も学習者が自慢をしているわけではありません。こうした質の良いガイダンスを得ることがいかに大事であるかということを、経験を引き合いに述べているのです。

残念ながらこのような経験をされなかった人でも「われ以外みな師」という言葉を考えれば、誰からも学ぶことはあるもので、それができないのは自立した学習ができない人間なのでしょう。

教師やコーチの側から見ると、一番大事なことは「弟子が自分を超える」ことです。「出藍の誉れ」というのは弟子の側から見た言葉なのではなく師匠から見るもので、逆説的に言えば、自分を超える弟子を生み出せなかったら師匠としては失敗なのです。すなわち、自分の属する分野で自分を超える弟子が出なかったら、師匠としてはその分野の発展への貢献はゼロ以下なのです。

学問における師弟関係とはこのように考えるべきでしょう。それをあたかも弟子が追いつけないように師匠がしていると考える(これまでにそのような師弟関係しか持てなかったとすれば気の毒なことですが)なら、180度間違っています。そうした考え方をしている人間は自立した学習者とはなり得ず、ましてや師匠としては一番不適なのです。
posted by 杉田伸樹 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国語練習いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112249736

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。