2009年10月06日

Doing business in ...

ロンドン・エコノミスト誌のオーディオで、世界の代表的な都市で仕事をする際の留意点をまとめたものです。

http://audiovideo.economist.com/
(左側にあるAUDIOのタブをクリックして現れたメニューから"Doing business in"をクリックすると各都市のアイコンが出ます。)

ここで出てくるのは世界の代表的な大都市です。大都市の生活はグローバル化でどんどん似てきているのではないかというのが私の仮説なのですが、それでももちろんいろいろな違いがあります。

話しているのはエコノミスト誌の記者や特派員だと思いますが、ジャーナリストらしい観察がなかなか面白いものがありお薦めできます。

たとえば、東京ではクールビズが民間よりは公務員で普及しているとか、ワシントンDCはexpense account(交際費など)で動いている都市であるといったことが述べられています。

普通の日本人が実際にこうした都市で仕事をする機会はそんなに多くないのかもしれませんが、それでも聞いていて興味が湧いてきます。

記者や特派員は書くのが本来の仕事ですから、話すことは例えばアナウンサーなどのような訳にはいかないでしょう。それでも、十分聞きやすい話し方をしています。場所による話し方の違いも当然あります。シドニーでの話し方には訛り(おそらくオーストラリア訛り)がありますので、特徴をつかむ練習のつもりで聞いてみるのも良いかもしれません。
posted by 杉田伸樹 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 役立つサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129666148

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。