2011年04月25日

Herd on the street

前にも紹介している英Economist紙に面白い記事がありました。
The foolishness of crowds
http://www.economist.com/node/18529721?story_id=18529721

記事の内容もなかなか面白いのですが、記事にあるグラフのタイトルが気に入りました。このブログ記事のタイトルの "Herd on the street" がそれです。

群集心理についての記事ですからこのタイトルも合っている、とだけ思うと実はもう少し奥が深いんです。実はこれは米Wall Street Journalにある "Heard on the street" という有名なコラムのもじりなのです。発音だけだったら同じですね。

Heard on the streetはまだあまり知られていない、時には確認できないような情報や噂に近いものを載せるものです。このため相場に大きな影響を与えることもよくあり、過去にはインサイダー取引問題を起こしたこともあるくらいです。

街での噂が経済を動かすということから、Economistの記事の内容にもぴったり合うわけです。それと同時に、大西洋をはさんだライバル紙を少し揶揄している感じも見てとれます。

こうした言葉の遊びはかなり高度なもので、言葉の知識だけでなく、背景知識(この場合でいえば新聞の内容)についても理解ができていないと分かりません。

言葉を学ぶ醍醐味はこんなところにもあるのだと私は思います。
posted by 杉田伸樹 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 役立つサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/197730991

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。