2007年04月30日

2007-04-30

時々は、Daily Newsのスペイン語について記事を書くようにしたいと思っています。なるべく聞いた日から時間が経たないうちに書くことを目指します。

なお、テキスト及び音声のアップロードは著作権法上問題があるので、ご自分でDaily Newsのページにアクセスしてください。

2007-04-30

■外務大臣
外務大臣はスペイン語でいくつかの表現があります。

(1) Ministro(a) de Relaciones Exteriores
(2) Ministro(a) de Asuntos Exteriores
(3) Canciller(a)
(4) Secretario(a) de Estado

今日のニュースではこの4つすべてが出てきました。私の知る限り、これらの違いは、ラテンアメリカは基本的に(1)、スペインは(2)、アメリカ合衆国(国務大臣、英語でSecretary of State)は(4)です。(3)は少し気分を変えたい時(笑)かと思いますが、ドイツでは首相もこれのようです。

なお、「外務省」はそれぞれ対応するのが、Ministerio de Relaciones Exteriores, Minsterio de Asuntos Exteriores, Cancillería, Departamento de Estadoです。


posted by 杉田伸樹 at 14:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 本日のDaily News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自己レスです。

「国務大臣」ではなく「国務長官」でした。
Posted by 杉田伸樹 at 2007年05月04日 11:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。