2007年05月30日

アナウンサーの話し方

これまで私が聴いたDaily Newsでは、アナウンサー(本職のアナウンサーかどうかは知りません)が6人いるようです。毎日二人ずつでてきます。本文の読み上げに入る前に、名前を名乗るので、気をつけて聴けば簡単に区別できます。

聴いていて分かるのが話し方、発音の微妙な違いです。方言といっても良いかもしれません。

とりあえず私が聴いて気がついたのがc(ca, co, cuを除く)およびzをsと同じに発音するseseoの有無と、語末などのsが息だけになる、あるいは全く消えてしまうcomerse las esesの有無です。

解説書などによると前者は、スペイン中北部以外ではseseoが普通ということのようです。後者はラテンアメリカのラプラタ地方、チリ、中米、カリブ海沿岸などで見られるようです。

6人の発音を上記についてみると、seseoは6人中5人、comerse las esesは6人中1人でした。なお、seseoでない人とcomerse las esesの人は別の人です。

この6人の実際の出身地は知りませんが、このような発音の特徴から見るとスペイン語圏のいろいろなところから来ているようです。こうした違った発音を聴いていると、自分が発音する場合にもどの程度の発音の「ずれ」が許されるのかを知るのにも役立つようです。スペイン語の良いところは、こうした発音などの違いにも関わらず、ある程度改まった内容の話では方言の差で理解ができないということがほとんどないことにあるような気がします(中国語やアラビア語では理解できないことも多いそうです)。

[6月4日追加]

上記の6人の他に2人のアナウンサーがいることが分かりました。これら2人について、seseoとcomerse las esesについて調べてみると、一人はseseoではなく、comerse las esesdでもなく、もう一人はseseoで、comerse las esesではありませんでした。

合計8人のまとめは以下の通りです。

seseo (-) comerse las eses (-) ・・・ 2人
seseo (-) comerse las eses (+) ・・・ 0人
seseo (+) comerse las eses (-) ・・・ 5人
seseo (+) comerse las eses (+) ・・・ 1人


posted by 杉田伸樹 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Daily Newsについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。