2007年06月17日

Basic Spoken Spanish (基礎スペイン語会話) (その1)

このブログの最初に書いた通り、私がスペイン語を習ったのはもう20年以上前に、仕事の必要からでした。この時は、まったくの初歩から3ヶ月ほどかなりインテンシブな研修を受けました。講師はネイティブ・スピーカーと日本人で、方法もさまざまでした。少人数(6人のクラス)で集中した練習をしたので、終わり頃にはそれなりに使えるようになりました。

ただ、私自身はそれだけでは練習がやや不足するのではないかと思い、自分で教材を見つけて時間が許す限り自習もしていました。それが、「Basic Spoken Spanish (基礎スペイン語会話)」(原著出版 U.S. Foreign Service Institute、日本版責任編集 原誠・秋山紀一・阿部三男・上田博人、日本版制作 ランゲージ・サービス)です。

これは、上下に分かれていて上巻は1〜28課、下巻は29〜53課となっています。カセットテープが付属していて、上巻は16本、下巻は15本、合計31本と大変な数です。値段がいくらだったか今となっては覚えていないのですが、かなり高かった覚えがあります。それにもかかわらず、買ってみようという気になったのは、それが当時には珍しく「中南米のスペイン語」を対象にしていたことです。中南米で仕事をするのだからその地のスペイン語を勉強しておくのも良いと思ったからです。

どうやら、この本の出版社はすでになく、この本を入手することや情報を手に入れることもできないようです。でも、私にとっては大変思い出深く、かつとても役に立ったものなので、ここに記事としてまとめて書きとめておこうと考えました。

(続く)
posted by 杉田伸樹 at 21:55| Comment(16) | TrackBack(0) | スペイン語いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
現在、夫の駐在の帯同でメキシコに住んでいます。
家庭教師につきながら、少しずつですがスペイン語を勉強しています。
日本でこちらで紹介している「Basic Spoken Spanish」の上巻を購入しました。
下巻は残念ながら購入できていません。
最初は全く理解できませんでしたが、一通りの初級文法が終わると、この本の素晴らしさがよくわかります。
復刊されるといいですね。

Posted by ぽこ at 2008年01月09日 00:59
ぽこさん、こちらにお越しいただきありがとうございます。メキシコ駐在お疲れさまです。私はアメリカにいたときメキシコ国境までは行ったことがあるのですが、残念ながら入国はしていません。

「Basic Spoken Spanish」を購入されたとは、どこにあったのでしょうか。新品ではさすがにないと思いますが・・・。

これのもとになった英語版は、別の記事
http://castellano-por-nhk.seesaa.net/article/40951444.html
に書いてある通り、売っているのですが、英語でやらなければいけないという問題があります。

>最初は全く理解できませんでしたが、一通りの初級文法が終わると、この本の素晴らしさがよくわかります。

本当にそうですね。使えば使うほど、すごさが分かってくるというものはそうそうないですからね。

私もぜひ復刊してほしいなと思っています。
Posted by 杉田伸樹(ぎっちょん) at 2008年01月09日 22:21
杉田さん、お返事ありがとうございます。

このテキストはヤフーのオークションで購入しました。
夫の駐在先がメキシコとわかり、あわてて日本でスペイン語関係の書籍を購入した中に入っています。

英語版は更に違う方法をとっているという、ご説明もありましたので、英語版でも欲しいところです。(もちろん日本語の説明の方がありがたいのですが)
でもメキシコの配送事情がよくないため、宅配のものはこちらに住み始めてからは一切購入していません。
また、クレジットカードもメキシコでは使っていないせいか、ネットでのカード決済も不安です。
(全然国際的でないですね)
日本では、米国のアマゾンでDVDなどを購入していたのですが、隣国であってもうまくいかないものですね。


根気よく、日本の古本屋さんを探してみます。
どちらにしても、まずは上巻をがんばってやり通したいと思っています。
Posted by ぽこ at 2008年01月10日 10:26
オークションですか。よく見つけられましたね。この教材を選ぶに当たっては、どなたかのアドバイスがあったのでしょうか。

英語版は、Barron'sという教育関係の出版社が出しているMastering Spanishがこのコースです。2分冊になっていますが、おそらく日本語版の上巻部分だけだと思います。

Audio-Forumというところも出していて、ここは下巻部分もあります。ただし、結構高いものとなっています。

101language.comというところでも売っているようです。

あと、無料なのは、
http://www.loquella.com/learn-spanish/index.html
があります。

http://fsi-language-courses.com/Spanish.aspx
では、一部しかアップロードされていません。

こんなところでしょうか。

私のブログの過去ログ
http://castellano-por-nhk.seesaa.net/category/3133233-1.html
もご参考までに。

いずれにしても、頑張って続けてください。きっと成果が現れると信じています。
Posted by 杉田伸樹(ぎっちょん) at 2008年01月10日 23:36
ご返信、ありがとうございます。

スペイン語の学習書は何冊も購入しましたが、1冊でスペイン語が理解できるといったタイトルのものでは、だめだろうということは学習できました。
この教材がかなり昔のものとはわかりましたが、語学の学習にはそれほど影響がないと思ったこと、米国務省外交官研修所 (FSI)が原著を作成しているということに惹かれました。

Audio-ForumのHPを教えていただき、ありがとうございます。
こちらの本を日本に一時帰国するときに合わせて、申し込みたいと思います。

杉田さんのブログの他のところも、大変参考になります。
こちらのブログに訪問することができて、本当に良かったです。




Posted by ぽこ at 2008年01月11日 07:26
>1冊でスペイン語が理解できるといったタイトルのものでは、だめだろうということは学習できました。

まったくそうですね。まだスペイン語は良い方かもしれません。英語なんかトンデモ学習法の宝庫ですからね。

>この教材がかなり昔のものとはわかりましたが、語学の学習にはそれほど影響がないと思った

これも同感です。確かに、文化的背景や出てくる単語などで古いなと思われるものもありますが、学習にはほとんど影響はありません。

>杉田さんのブログの他のところも、大変参考になります。
こちらのブログに訪問することができて、本当に良かったです。

おほめいただき恐縮です。そんなに皆さんのお役に立てるか分かりませんし、更新も不定期ですが、今後も努力してまいります。
Posted by 杉田伸樹(ぎっちょん) at 2008年01月11日 22:11
こんにちは
前回のご質問に答えていませんでしたので・・

>この教材を選ぶに当たっては、どなたかのアドバイスがあったのでしょうか。

私の周りでスペイン語に詳しい人はいませんでしたので、
アドバイスをうけることは出来ませんでした。
オークションでの説明文だけで購入を決めました。
日本ではスペイン語はマイナーなんですね。
世界で話されている国が多いことを考えると、残念な気がします。
といっても、私もスペイン語圏で生活するようになるまで、
全くスペイン語には関係のない生活を送っていたのですが・・・

Posted by ぽこ at 2008年01月16日 12:57
ぽこさん、ご丁寧にお答えありがとうございます。

オークションの説明文だけで購入されたとは、ずいぶん魅力的なことが書いてあったとかですか。でも、これは間違いなくすばらしい買い物だと思いますよ。

スペイン語がマイナーなのは私も残念に思っています。特にアメリカ大陸は、英語とスペイン語ができればかなりの場所に行けることになるのに、そうした事実さえ知られていないのはなんとも歯がゆい感じです。
Posted by 杉田伸樹(ぎっちょん) at 2008年01月16日 22:45
杉田さん こんにちは

いま、教えていただいたURLを調べてみましたが、
こちらのテキストは 

101language.com 内の
FSI Language Courses
Platiquemos Spanish Course

に対応するようですね。
サンプルのMP3で確認しました。
1-4が上巻、5-8が下巻のようです。

Levels 1-8 - CD version $669.00

購入して無事に届くのかが不安ですが、
周りの人に相談して、購入を考えてみます。
Posted by ぽこ at 2008年01月17日 09:00
Platiquemos Spanish Course

http://fsi-language-courses.com/Spanish.aspx
には全部アップロードされています。

MP3とPDFファイルでよければこれは全部無料です。

なお、PlatiquemosとSpanish Basic Courseはちょっと違うようで、基礎スペイン語会話のベースになっているのはSpanish Basic Courseのようです。
Posted by 杉田伸樹(ぎっちょん) at 2008年01月17日 22:21
・・・と思ったら間違っていました。

http://fsi-language-courses.com/Spanish.aspx
にあるのはSpanish Programatic Courseでした。

Platiquemosは見たことがないので、内容は分かりません。

なお、Spanish Basic Courseは
http://www.loquella.com/learn-spanish/index.html
で無料で聞けますしMP3とPDFは各レベル(全体で4つのレベルになっているので、I、IIが上巻、III、IVが下巻に相当)49ドルで、このサイトから購入できるようです。
Posted by 杉田伸樹(ぎっちょん) at 2008年01月17日 22:32
PlatiquemosとSpanish Basic Courseの違いについては、以下の様なディスカッションを見つけました。

http://fsi-language-courses.com/forum/forum_posts.asp?TID=492

これによれば、ほとんど同じということのようです。
Posted by 杉田伸樹(ぎっちょん) at 2008年01月17日 23:37
お返事ありがとうございます。
ディスカッションも拝見しました。
私なりにまとめてみると・・FSIの教材としては

@FSIのオリジナル (UNIT1-55)
ABarron's mastering Spanish (LEVEL1-2) (UNIT1-30)<--
BAdvanced Spanich A,B (UNIT 31-55)
CPlatiquemos Spanish Course (1-8) (UNIT1-55)
D基礎スペイン語会話 上下巻 (UNIT1-55)

ELSLC(Learn Spanish Like Crazy)<--?

が存在しており、私達日本人にとっては
日本語の説明があるDが一番望ましいのですが、
絶版のため、購入が限りなく難しい状況。
@のオリジナルのテキストは決して読みやすい体裁ではない。

ディスカッションを読むと、Cが案外Dに近い気もします。
Cはデジタル仕様もあるようなので、1-8、もしくは 5-8まで購入して、
日本の古本やさんで、下巻のテキストを探すというのもいいのかもしれません。
Posted by ぼこ at 2008年01月18日 15:38
うまくまとめていただきありがとうございます。

こうしてみるといろいろな方法があるものですね。スペイン語を勉強しようという意志があればおのずと道は開けるということでしょうか。これからも頑張ってください。
Posted by 杉田伸樹(ぎっちょん) at 2008年01月19日 01:32
30年前に購入したランゲージサービスのBasic Spoken Spanishの話題があり、大変なつかしく読ませていただきました。私は下巻のセット¥45,000円のみ所有しています。子供たちも自立しつつある今、大学に入学しました。今までアジアの言語を勉強する機会がなかったので韓国語と中国語に取り組むことにしました。
書棚の整理をしていてこのスペイン語教材のケースが出てきて、テープを聞いたところまだまだ大丈夫なのでデジタルコピーをするつもりです。デジタル化した教材があるのかと思い検索してここにたどりつきました。忘れかけていたスペイン語を思い出しもう一度復習しようかとおもっていたので、このブログとコメントが励みになりました。海外に行く機会はありませんが今はネットでなんでも読めるんですね。いいことに気がつきました。がんばります。
Posted by 一夜星 at 2010年04月16日 09:51
一夜星さん、ようこそ。
入学おめでとうございます!いいですね。韓国語も中国語も日本人はもっと勉強するべきですね。といっても私も全然だめなんですが。

45000円でした。ずいぶん高かったのは覚えていたのですが、上下巻買うと当時の給料の半分ですね(笑)。

ランゲージサービスはなくなってしまったので、このコースに関する権利関係もどうなっているのか分からず、そうなると何らかの形で復活させようとしてもどこに行ったら良いか分からないという状態なんでしょうね。

こうした本をなんとか復刊するような奇特な出版社がいたらいいんですけど・・・。難しいのかな。

個人使用だったらデジタル化して使いやすくするのは良いですね。FSIのオリジナルはアメリカ政府が税金で作ったから、だれでも複製でき、それだからこそネットにも問題なくアップロードできるんですよね。日本語版は難しいですね。

二度目のスペイン語、頑張ってください!
Posted by 杉田伸樹(ぎっちょん) at 2010年04月16日 19:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。