2007年09月13日

Dialectoteca del Español

アメリカ合衆国アイオワ大学のスペイン語・ポルトガル語学科のCarlos-Eduardo Piñeros教授による、スペイン語発音の地理的差異に関するサイトです。
http://www.uiowa.edu/~acadtech/dialects//#

スペイン語圏のいろいろなところの出身者が、短い文章を読んだり、出身地などについてしゃべっているのがビデオで見られます。

話している内容は、トランスクリプトで見られますし、用意された文章の読み上げでは、音声表記もあります。

また、話し方の音声学的特徴もあげられています。専門的なところは難しいですが、そのようなことを考えなくても、いろいろなスペイン語のバリエーションを聞いてみるのも面白いと思います。

個人的に面白かったのは、チリのサンチアゴ出身の男性の話(anécdota)の中で¿cómo estái?と言っていたことです(ただし、トランスクリプトでは¿cómo estás?となっていました)。これは典型的な「チリ弁」です。とても懐かしい感じです。

まだ、ビデオが収録されている出身者がいない国も多いのですが、今後増えていくことを期待しています。


posted by 杉田伸樹 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 役立つサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。